1月8日の晩ごはん

キャベツと豚バラのオイスター炒め

サーモンのマリネ

ちく天

白菜のお漬物

豆腐とネギのおみそ汁

ごはん

f:id:asanoyaoya:20210109095953j:imagef:id:asanoyaoya:20210109100005j:imagef:id:asanoyaoya:20210109100014j:image

みんなでがんばれば、感染は抑えられます!

ってのはどこかの小学校の学級委員長の

言葉ではなく政府のコロナ分科会の

尾身会長の言葉なんですけどね。

あまりに抽象的すぎて思わずふきだし

ちゃいました。

コロナ禍にあってはもちろん感染爆発も

防がないといけないし、それでいて

経済も死なせてはいけないし、医療

崩壊も防がないといけないし、それぞれが

連携してバランスとって進めないと

いけないと思いますけど、まず総理大臣

からして、全ての責任をとるっていう

気概も感じられないし、各団体も

まあまあ高齢の方がトップでおられるのが

ほとんどだと思いますので、いざとなったら

責任は自分じゃない、とか言っちゃったり

するんだろうなあ〜って思いながら

見てます。

 

国家の礎(いしずえ)は家、家の礎は女。

家庭生活がしっかりしていれば、

コロナだとかなんとかあっても、

少々のことでは動じないもんだと

思いますけど、今の日本は女=母が

いつも家にいないって家庭が多いです

からね、だから家がグラグラしちゃって

るんですよね、だから国までグラグラ

しちゃうんですよ。

コロナ対策の中で、家庭生活が大事って

誰も言ってませんからね、おのおのが

気づかないといけないんだと思います。